読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

イタリアンミートソース・簡単バージョン

f:id:bakingdiary:20160604173446j:plain

コストコで買ったひき肉を使ってミートソースを作りました。

好みが分かれますが、脂が少ないコストコのひき肉は我が家好みです。牛100%のひき肉は近所のスーパーでは見かけないので、たまのコストコでの買い物の時に買ってみる商品の一つです。もちろん牛に限らず、合い挽きでも豚ひき肉でもいいんですけどね。

前に長女の保育参観のことを書きましたが、朝顔の植木鉢を作るために空き缶が必要でトマト缶の大缶(840gくらい)を買いました。本末転倒のような気もしますが、空き缶ありきの買い物だったので、中身をミートソースにしたわけです。

 

そうそう、だいぶ前にボロネーゼソースのことを書きました。

bakingdiary.hatenablog.com

 こちらは結構リッチなバージョンなんですが、今回作ったのは簡単バージョン。ワインも入らず、豚ひき肉で作ればお財布にも優しいです。それでも手作りのミートソースは十分美味しいです。

どちらのレシピも牛乳が入るのが特徴なのですが、ミートソースに牛乳って不思議に思われるかもしれません。私はヨーロッパに行ったことはないのですが、北イタリアの伝統なんだそうです。乳製品を多用する地域だからなのかも知れませんが、牛乳が入ることで煮込み時間が短くてもこくが出るんだそうです。そんなわけで作ったその日はパスタにどーんとかけてソース食べ放題。

 

残ったソースは翌日のラザニアに。ホワイトソースではなく、ほうれん草と豆腐のクリームをプラスしています。

ギリシャのスパナコピータをイメージして。

レシピは続きで。

f:id:bakingdiary:20160606114505j:plain


にほんブログ村

 

 (6人分くらい)

・バター:大さじ4

・オリーブオイル:大さじ1

・にんじん:1本

・玉ねぎ:1個

・にんにく:1かけ

・牛ひき肉:350g

・トマト缶:2缶(420g入りのもの)

・牛乳:120cc

ベイリーフ:1枚

・タイム:2~3本

ナツメグ:小さじ1/4

・塩・胡椒:適宜

 

①にんにく・玉ねぎは粗みじん切り、にんじんはチーズグレイダーなどで粗くおろす(もしくは粗みじん切り)。

②深鍋にバターとオリーブオイルを熱し、①の野菜をしんなりするまで炒める。そこにひき肉を加え、色が変わるまで更に炒める。

③トマトを加えてヘラでつぶしながら強火で炒め煮し、残りの材料を加えて弱火に落とし、蓋をして20分ほど煮る。塩胡椒で味を調えて出来上がり。

じゅのの最近読んだ本