読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

かぼちゃのクリームシチュー

朝から雨降りの一日です。
午前中は健診で出かけていたのですが、通院の時は毎回朝マックです。場所にもよりますが、朝のマックは静かでのんびりできるので一番好きなんです。すごく美味しいわけではないのに、あのコーヒーの匂いと朝独特の雰囲気が好きです。コーヒーだけを注文してのんびり楽しんでいる常連ふうのお爺さんなどを見ると、休日の朝を外で食べるのっていいなと思います。
妊娠してからも食べものに関してあまりストイックになってるわけではないので、その時に食べたいなと思うものを前後のバランスを考えて食べるようにしています。


朝ごはんはマックでOKなのに、夜ごはんがマックなのは嫌なのは何となく侘しいからでしょうか?ファーストフードのトレイに乗ったのも、持ち帰って家で紙袋をガサガサさせるのも秋や冬は特に寂しく感じます。最近はぐっと冷え込む事が多くなってきたので、心から温まるような煮込み料理みたいなものが食べたくなります。


そんなわけでまたかぼちゃです。また貰いものです。
スーパーに行けば1/4カットとかでも売ってますが、産直のおいしいかぼちゃだと丸ごとが基本なので消費する方法も考えねばなりません。前回はロールケーキにしたのですが、今回はおかずにする事にしました。が、副菜にはなってもなかなかメインにはなりづらいのがかぼちゃ。我が家は夫が食べてくれないと延々ひとりで消費する羽目になるので、それだけは避けたい。夫はかぼちゃのポタージュが大好きなので、それの延長線上にあるようなクリーム煮にしてみました。


ごはんにかけても、パンと一緒でもどちらでも美味しく食べられるおかずです。それにしても、黄色や茶色の料理の写真て難しいなあ。



↑押していただけると励みになります。



(4人分)

  • 合挽き肉:200g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 玉ねぎ:1/4個
  • にんじん:1/2本
  • セロリ:1/2本
  • かぼちゃ:500g
  • トマト:小1個
  • 水:200cc
  • 顆粒コンソメ:小さじ1
  • 塩:小さじ1/4
  • 胡椒:少々
  • 生クリーム:100cc
  • コーンスターチ:小さじ1
  • 粉チーズ:適量
  • イタリアンパセリ:適量
  • ごはん:4人分
  1. 玉ねぎ・にんじん・セロリはみじん切りにする。かぼちゃは一口大に切る。
  2. 鍋にオリーブオイルを熱し、合挽き肉を炒める。①の野菜を加え、しんなりするまでさらに炒める。
  3. かぼちゃを加えてざっと炒めたら、小さく刻んだトマトと水、顆粒コンソメ、塩・胡椒を加えて煮立たせる。
  4. 煮立ったら蓋をして弱火に落とし、かぼちゃが柔らかくなるまで15分ほど煮る。
  5. かぼちゃに火が通ったら生クリームで溶いたコーンスターチを加え、とろみがつくまで弱火でかき混ぜながら煮る。
  6. ごはんにシチューを添え、粉チーズとパセリを散らす。
じゅのの最近読んだ本