読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

レーズンカンパーニュ・ゆず酵母・完

パン

f:id:bakingdiary:20160327071403j:plain

カンパーニュ模索の道、たぶんこれで完結です。

あれこれ試行錯誤してきましたが、家電量販店で売ってる普通の電気オーブンで作るカンパーニュとしてはこれがベスト!と思えるカンパーニュになりました。毎回生地の配合は同じですが、焼き方を変えるだけで仕上がりも全く違うものになるという事が分かったのが一番の収穫でしょうか。

 

今回はロッヂのダッチオーブンを使い、予熱で鍋を空焼きしてからの焼成で試してみました。250度になっている鍋に生地を入れたり蓋をするのは結構注意が必要な作業ですが、苦もなくめりっとクープの割れたカンパーニュが焼き上がりました。バゲットもそうですが、やっぱりこういうハード系のパンには蒸気が不可欠なんだなと思った次第です。

 

鍋をオーブンに入れたまま250度で予熱開始。その後クープを入れた生地を鍋に入れて蓋の内側に霧をたっぷり吹き、蓋を閉めたらそのまま250度で12分焼成。蓋を取ってさらに10分焼成。最後に220度に下げて10分。一般的なサイズのカンパーニュなら時間と温度はこんな感じです。

今回もマーブル生地にしてみましたが、チョコではなくレーズンを折り込んでみました。パン生地にドライフルーツを加えると生地の水分を奪って生地がパサつきがちになるので、加える前にひたひたの熱湯につけてふっくら戻しておきます。断面はこんな感じ。

f:id:bakingdiary:20160327071645j:plain

この方法で焼けばお店のものと遜色ないカンパーニュに仕上がります。

 

今日は春のような陽気。近所の公園に出かけたらミントが自生してるのを発見。長女に教えたらちぎっては匂いを嗅いでました。これだけ生えてたら持ち帰ってベトナム料理にでも・・・と一瞬頭をよぎりましたが、公園だし何が付いてるかわからないし・・・と諦めました。グラスにぎゅうぎゅうに詰めて熱湯をかけて砂糖を入れてモロッコ風のミントティーも飲みたい。そんなことを考えながら公園で遊んでたのは我々親子だけかもしれません。

じゅのの最近読んだ本