読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

ピーナツバターとプルーンのクッキー

ご無沙汰しています。前回の更新日は・・・5月!書きたい事、作った料理やお菓子は沢山あるのだけれど、いかんせん更新の時間がなかなか取れませんでした。カメラは娘の写真が日々増えていくし、ブログ用の写真が埋もれていく始末です。

最近は朝起きると空が高いなと思う事もあるのですが、ちょっと日が高くなるとやっぱり夏の気配ムンムン。全然秋が来ないじゃないか!と夫婦で毎朝言い合っています。
暑いとオーブンを使う機会も少なくなるので、お菓子もご無沙汰状態です。今年の夏はもっぱら寒天!我が家では寒天ブームが起こってまして、常に牛乳寒天&自家製黒蜜が冷蔵庫に入っています。ゼリーのプルプルした食感よりも寒天のシャクっとした感じが夏にはぴったりの気がします。

ここまで書いておいてなんですが、写真とレシピはクッキー。ついこの間作ってみたものです。私は朝ごはんにパンや焼き菓子を食べる事が多いので、パンが切れてしまったけどホームベーカリーで焼くまでもないな・・・って時に作る事が多いです。コロラドに住んでいた時に子ども向けの料理教室でクッキーを教えた事があるのですが、その時に選んだレシピもやぱりピーナツバタークッキーでした。ピーナツバターというと日本では甘いものが多いですが、アメリカでは無糖のものを買う人が多いです。そのまま食べる時にも自分で甘さを調整できるし、お菓子に使う人が多いからなのでしょうね。

娘も7ヶ月半になりました。私たち夫婦に似て食べるのが大好きな子。今は一日2回モリモリごはんを食べています。こんなクッキーも私が牛乳と一緒に食べたりしていると、よだれをたらしてじーっと見ています。そんな娘を見ていると、私のいい加減な朝ごはんもそろそろ改めなきゃなあと最近思っています。



↑押していただけると励みになります。



(約24枚分)

  • ピーナツバター(無糖):120cc
  • コンデンスミルク:200g
  • オリジナルミックス粉:200cc
  • オートミール:大さじ3
  • プルーン:5粒
  1. ピーナツバターをボウルに入れ、コンデンスミルクを少しずつ足しながら泡立て器でなめらかに混ぜ合わせる。
  2. そこにミックス粉とオートミール、食べやすくちぎったプルーンを加える。
  3. 全体を粉気がなくなるまでよく混ぜたら24等分にして手で丸める。
  4. 天板にのせて水でぬらした指で平たくつぶす。
  5. 190度に余熱したオーブンで7〜9分焼く。ラックに移して冷ます。

*焼きたては壊れやすいので優しく扱ってください。

じゅのの最近読んだ本