読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

柿とにんじんのサラダ

サラダ

今日は一並びの日ですね!何だかちょっと嬉しいです。それはともかく、ここ最近ぐっと寒くなりました。
天気予報で分かっていたこととはいえ、結構辛いものですね。春に引っ越して今の家では初めての冬なので、真冬はどんな感じなのかまだ分からない状態です。家の外には毎日灯油宅配の車が走っているし、本格的な冬支度もしなきゃなあと思っているところです。


秋も終わりに近づいていますが、親戚の家にはたいてい柿の木があります。夫の祖母の家からは毎年贈答用の柿が送られてきます。そんな訳で晩秋の我が家ではこの柿たちをどういう風にして消費するか、それを考えなければなりません。りんごと違い、柿は思った以上に柔らかくなるのが早いので、のんびりしていると箱の中で悲惨な事になりかねません。


今は海外でも「Kaki」という名前で売ってたりしますが、まだまだ知名度は低いようです。秋になると東洋系のマーケットなどでは売られていたりしますが、お客さんを見ているとやっぱり東洋系の人しか買わないのかなと思います。一応英語ではPersimmonと言いますが、そっちだともっと「何それ?」という事になります。料理学校時代にクラスメートに説明した事があったのですが、正しくは理解しきれていなかったような・・・誰だって見た事も無い食べものを言葉だけで想像しろと言われたらなかなか難しいですよね。


和食にはちょっと合いませんが、洋風の献立の時に柿のサラダを作ります。ドレッシング自体はシンプルで、ヨーグルトとオリーブオイル、塩くらい。ローストしたナッツも入るので、私の中では何となくギリシャや中東系の料理のイメージです。ヨーグルトの量を増やせばおやつにもなります。
にんじんと柿、両方とも甘いので、カレーやチリのようなスパイシーな料理によく合います。食後のデザートに甘い柿も良いのですが、たまにこういう風に使っても面白いと思います。




↑押していただけると励みになります。


(大体2人分)

  • 甘柿:2個
  • にんじん:小1本
  • 塩:少々
  • ヨーグルト:200cc
  • オリーブオイル:大さじ1
  • くるみ:好きなだけ
  1. くるみは食べやすい大きさに砕き、油をひかないフライパンで弱火でゆっくりと火を通す。オーブンでローストしても良いが、これで十分。焦げないように注意し、冷ましておく。
  2. 柿は太めの拍子切りにしておく。
  3. にんじんは千切りにする。塩少々で揉んでしばらく置き、水気を絞っておく。
  4. ボウルにオリーブオイルとヨーグルトを合わせ、食べる直前に①・②・③の材料を加えてざっと混ぜる。
  5. お好みで塩・胡椒で味を調える。


*私は甘いサラダだと思っているので、塩気はにんじんの水気を絞るために使ったものだけにしています。柿はぜひ甘くておいしいものを使って下さい。

じゅのの最近読んだ本