読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

忙しい日のひよこ豆カレー

エスニックごはん


夫が出張などの時、ひとりで食べる夕食はどうしても手抜きになります。
仕事が忙しい時はなおさら・・・。誰も見てるわけではないし、パソコンに向かいながらなんて事もあります。傍から見ればかなり侘しい光景でしょうけど、冷蔵庫に入ってたピクルスとパン、缶詰のSPAMを焼いておしまいというあんまりな時もあります。とても料理ブログとは思えない夕食ですが。


二十歳の頃、カリフォルニアの田舎町でホームステイをした事がありました。ステイ先では金曜の夜はわざわざ夕食を作らないというルールがあって、冷蔵庫に入った一週間の残り物で好みのものを家族それぞれが食べるのです。ハムサンドを食べる息子がいればピザの残りを温めて食べる娘、皆違うものを適当に食べるのです。ドイツ系の一家で非常に合理的なやり方だな〜と思ったものでしたが、終盤は温かいごはんが食べたいなと思ったものでした。


一人の夕食の時は私も何か頑張って作ろうとは思わないのですが、最近気に入ってるのは簡単カレーです。豆の水煮缶とスパイスさえ買い置きしておけばあっという間に完成です。あくまで簡単バージョンなのでインド人が見たら怒られそうですが、脂がいっぱいのレトルトカレーよりも体に負担がかからなさそうですしね。ピタパンなどに挟んでもいいですが、温かいごはんにたっぷりのせて食べるのが一番好きです。残ったカレーはオムレツの中身などにするとおいしいですよ。



↑押していただけると励みになります。

(2人分)

  • オリーブオイル:大さじ1
  • 玉ねぎ:小1個
  • にんにく:1かけ
  • カレー粉:小さじ2
  • シナモンスティック:1/2本
  • クローブ:ひとつまみ
  • ひよこ豆水煮缶:1缶(400gくらいのものの水を切っておく)
  • ケチャップ:大さじ2
  • 香菜・レモン:お好みで
  1. 玉ねぎ・にんにくはみじん切りにする。
  2. 中華なべなどにオリーブ油を熱し、玉ねぎ・にんにくを炒める。
  3. 全体がしんなりしたら香菜・レモン以外の残りの材料を加えて全体が馴染むように混ぜながら1分ほど炒める。
  4. こしょうを強めにひき、水240ccを加える。
  5. 蓋をして10分ほど中火で煮込み、最後に蓋を取ってさらに5分ほど煮る。
  6. 熱々をごはんと一緒にどうぞ。お好みで上に香菜を散らし、レモンを絞って下さい。
じゅのの最近読んだ本