読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

レーズンマーブルベーグル・りんご酵母

パン

f:id:bakingdiary:20160412055808j:plain

私がパンを焼くのはだいたい夕食を食べ終わったあと。

最近はずっと酵母パンを焼いているので発酵に時間がかかる。夜に焼いたパンは翌日の朝食になります。今使っているのはりんご酵母。同じように育てたのに以前のゆず酵母とは生地の具合も発酵時間も違います。

茶色い部分はココアではなく、熱湯で戻したレーズンを練りこんだもの。WチョコならぬWレーズンベーグルです。生地もほんのり甘酸っぱく、男女で評価が分かれそうなベーグルです。

 

朝カーテンを開けて昨日のパンを出し、子どもたちには食べやすいようにスライスしたり果物を切ったり。飲み物を準備して天気予報をチェックするためにテレビをつける。そこに映ったのは熊本の地震のニュースでした。

 

東日本大震災の時、夫は出張中。私は津波被災地ど真ん中でひとり過ごしました。道路は寸断されて陸の孤島となり、いつ夫や実家の家族に会えるのか分からぬまま小学校で寝泊りをしていました。テレビの緊急地震速報のアラーム音があの時を思い出させます。

ここから九州はとても遠いけれど、あの頃東北の皆が思っていたのは普段の生活のことでした。地震の被害に遭わなかった人たちは普段の生活を送って欲しいということ。いつもどおりの生活をするという事に罪悪感を感じないで欲しいということです。自粛ムードは大きく見れば復興を遠のかせてしまう、というのが現実。

自分自身は何か出来ることはないのかなと心のどこかで思いつつ、ニュースを見ながらのんびりパンなんか食べて、子どもたちは普段通りに喧嘩をして遊んで・・・という日常を送っています。

 

家に帰れずライフラインも遮断されている状況がどれほど大変なことか、東北に住んでいる人は忘れていません。あれから5年経ちましたが、小さな子どものいる今はもっと考えることが増えました。今は募金や心の中でエールを送ることしかできませんが、1日も早く普段通りの生活が戻ってきますように・・・。

 

じゅのの最近読んだ本