読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

在米タイ人のヤムウンセン

f:id:bakingdiary:20160317151150j:plain

冬に戻ったかのような冷たい風が吹いています。

が、幼稚園は絶賛春休み中ですので、自転車をこいでは娘ふたりをどこかに連れ出す日々が続いています。元気が有り余る我が家の子どもたち、ママに素直に従っているよそのお子さんが違う生き物に見える時があります・・・。

 

それはさておき、先日の春のような陽気の時に久しぶりにヤムウンセンを作ってみました。ヤムウンセンはタイの具沢山春雨サラダ的な食べ物。私はこれが大好きで、一品料理としてこれだけでもいいくらいです。今回作ったのはタイ人の主婦から教わったもの。タイ料理屋さんのものとはだいぶ違うものです。

 

コロラドにいた頃、学校のカリキュラムにタイ料理のクラスがあり、講師としてやって来たのが彼女でした。コロラド州というところは80%以上が白人という州。Boulderに限って言えばアジア人を見かけることはほぼありませんでした。なので彼女は私に親近感を持ってくれたようで、クラスの終了後にいろいろ話をしました。

 

アメリカの食事は口に合わないし太る、と言う彼女は家でもほぼタイ料理を作るとのこと。その中で教えてくれたのがこのヤムウンセンです。ただ、本当に「在米のタイ人主婦の作るヤムウンセン」。レストランでは必ず入るシーフードは「高いから」入らず、代わりにもやしなどが入ります。アメリカの普通のスーパーで買える材料で作るのが主婦っぽいです。「ヤム」は和え物「ウンセン」は春雨なので、何が入ってもいいんでしょうけど・・・。

夏になると本当によく作るヤムウンセン。彼女の顔が思い浮かびます。

 

 (3~4人分)

緑豆春雨:50g

もやし:1袋

鶏ひき肉:100g

ナンプラー:大さじ2

にんじん:1/2本

きゅうり:1/2本

かにかま:1パック

香菜:1袋

・ドレッシング

砂糖:小さじ2

レモン汁:大さじ2

スイートチリソース:大さじ1

 

①鍋に湯を沸かし、春雨→もやし→鶏ひき肉の順で茹でる(ゆで上がったらそれぞれ取り出しておく)。にんじんは千切り、きゅうりは斜め薄切り、香菜は手でちぎる。かにかまはほぐしておく。

②フライパンにゆでた鶏ひき肉を入れ、ナンプラーで汁気がほとんどなくなるまでしっかりいりつける。

③ボウルに②の鶏ひき肉を入れ、①の材料をすべて加える。

④ドレッシングの材料を混ぜ、③のボウルに入れてよく混ぜる。しばらくおいて味をなじませる。

 

*レモン汁の代わりにライム汁、さらに本格的にしたいならマナーオ汁を使ってください。

じゅのの最近読んだ本