読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

マック&チーズ

パスタ

出産してからというもの、日々のごはん作りに割ける時間というのが極端に短くなっています。寝不足は覚悟していましたが、どうしてこんなに時間がないんでしょうね?生後一カ月を過ぎて新生児から乳児になった娘は甘え泣きのようなものをするようになり、寝たと思ってそばを離れるとフニャフニャ泣きだします。抱っこをするとピタリと泣きやむので現金なものです。腱鞘炎になりそうで大変ですが、これも親冥利に尽きるってやつなのでしょう。

そんなわけで、最近は炊飯ジャーやホームベーカリーなどのスイッチ入れればおしまい!という文明の利器にお世話になってます。ご飯やパンがあればあとはふりかけや梅干し、チーズやディップをプラスし、食事は何とかなるというものです(あまり他人様にはお見せできない食事ですが)。

逆にちょっと難しくなったのはパスタです。ゆで上がる直前に娘が泣き出したりしたらもうおしまい。シンプルなパスタほどゆで加減が重要なので出産後は縁遠くなってしまいました。パスタが食べたい時はサラダやグラタンなど、ゆで加減は最初から期待しないメニューになります。

Mac&Cheeseは日本で言うところのマカロニグラタンです。が、日本では具をホワイトソースでからめてチーズを乗せて焼き上げるのが主流ですが、アメリカのはチーズソースとマカロニのみの組み合わせです。オーブンで焼かないでソースをからめただけのものもあるし、ソースに卵が入るものもあります。アメリカ人なら皆大好きなおふくろの味的メニューです。

ただ、このマック&チーズ、カロリーがすごいです。それをさらにベーコンで巻いてフライにする、なんていうすごいメニューもあります(いや、美味しいんでしょうけど、作る勇気はないです)。作ってみたい方はこちらをどうぞ↓

http://www.foodnetwork.com/recipes/paula-deen/ladys-fried-mac-recipe/index.html

私の作るマック&チーズは料理学校時代のものをアレンジした日本人バージョン。そこまで罪悪感を感じないはずです。




↑押していただけると励みになります。


(4人分)

  • トマト:2個
  • しめじ:1パック
  • オリーブ油:大さじ1
  • タイム:小さじ1
  • 塩・胡椒:少々
  • 食パン:2枚
  • バター:大さじ1
  • エルボーマカロニ:200g
  • スープ:240cc
  • 小麦粉:大さじ2と1/2
  • ナツメグ・カイエンペッパー:各少々
  • 牛乳:240cc
  • チェダーチーズ:120g(おろす)
  • パルメザンチーズ:大さじ4(おろす)
  • パセリ:適量
  1. トマトは厚さ1cm程度に切り、しめじはほぐしておく。フライパンにオリーブオイルを熱し、トマトとしめじをさっと炒める。タイムと塩・胡椒でごく軽く味付けする。
  2. 耐熱容器の底にトマトを敷き詰めておく。しめじは取り分けておく。
  3. バター大さじ1/2をレンジで溶かし、食パンをちぎって加えてなじませる。
  4. マカロニはパッケージの表示より1分少なくゆで、流水で冷やして水気をきっておく。
  5. 小麦粉とスープ60ccを合わせて混ぜておく。鍋に残りのバター大さじ1/2を入れて火にかけ、ナツメグ・カイエンペッパー、塩小さじ1/2を加えたら牛乳と残りのスープを加える。温まってきたらスープで溶いた小麦粉を加え、木べらでだまにならないよう混ぜながら5分ほどとろみがつくまで煮る。
  6. とろみがついたら火を止め、チェダーとパルメザンを加えて余熱で煮溶かす。ゆでておいたマカロニをとしめじを加えてソースをからめ、耐熱容器に入れて表面をならす。
  7. バターをからめた食パンを表面に散らし、200度のオーブンで20分焼く。表面がいい色になったら出来上がり。最後にパセリをちぎって散らす。
じゅのの最近読んだ本