読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

こどもカレー

メインらしきもの

2012年、あけましておめでとうございます。
これを読んで下さる方はどんなところにお住まいなのでしょうか?雪深かったり暑い国だったり、ネットを通して見る世界は広いようで狭い気がします。お正月2日の今日、私の住む街は朝から良く晴れています。毎回小さな事しか書いていないこのブログですが、今年もよろしくお願いいたします。


さて、2012年初回の記事がカレーというのもなんなのですが、去年書きそびれてしまったので忘れないうちに書いておこうという個人的な魂胆です。もっとすてきな写真とか、美味しそうなものとか、新年に相応しいものは色々あるんでしょうけど・・・。


さすがに年末年始にカレーを食べたわけではないのですが、ずっと気になっているレシピがありました。「こどものカレー」です。ひき肉と沢山の野菜、そしてりんごが入る一見ミートソースのようなカレー。私は小学生のころからいつか作りたいなと思ったものをノートに書いているのですが、その中にあったレシピです。いったい何年寝かせてたんだ、と思われてしまいますね。年末も押し迫った寒い日、ようやく作ってみる事にしました。


夫も私もカレーは大好きですが、インドやタイ、ネパールなどのカレーからぐるりと回ってこういうカレーを作ってみるのも面白いかなと思うようになりました。仕上がりは小さい子どもでも食べられるような優しい味。でも、大人が食べてもどこか懐かしくて美味しいカレーでした。お醤油や干ししいたけの力なのか、日本ならではの「おそうざい風のカレー」、また作ってみようと思ってます。




↑押していただけると励みになります。


(4人分)

  • 合挽き肉:300g

香味野菜

  • 玉ねぎ:1個
  • にんにく:1かけ
  • しょうが:1かけ
  • にんじん:1/2本
  • セロリ:1/2本

具の野菜

  • なす:2個
  • りんご:1個(紅玉など小さいもの)
  • トマト:1個
  • ピーマン:2個
  • 干ししいたけ:戻して3枚

カレーソース

  • カレーパウダー:大さじ1と1/2
  • 小麦粉:大さじ4
  • コンソメキューブ:1個
  • 水:400cc
  • ケチャップ:大さじ1
  • 醤油:小さじ1
  • サラダオイル:大さじ2
  1. 香味野菜は全てみじん切りにする。厚手の鍋にサラダオイルを熱し、香味野菜を炒める。玉ねぎの色が濃いあめ色になったらひき肉を加え、肉の色が変わるまでほぐしながら炒める。
  2. その間に具の野菜を1センチ角に切る。①の鍋に野菜を加え、全体がしんなりしてくるまで炒める。
  3. 鍋の中身を少し端に寄せ、空いた所にカレーパウダーと小麦粉を入れてさらに炒める。少し香りが立ったら全体にまぶすようにして焦げ付かないよう弱火に落として炒める。
  4. 粉が見えなくなって全体がもったりした感じになったらコンソメ、水、ケチャップを加えて底から大きく混ぜながら弱火で煮る。
  5. 最後に醤油と塩少々(分量外)で味を調える。
じゅのの最近読んだ本