読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

朝のバナナブレッド

今日は雨降り。寒い一日です。
先日妹たちと会った時、たまたま家にあったバナナでバナナブレッドを作って手土産にしました。普段はナッツなどを入れて焼きますが、仕事をしていた頃のチョコチップも残っているのでそれを適当に入れて焼いてみました。お祭り屋台にもバナナチョコがあるように、バナナとチョコは合うんですよね。
チョコを入れると甘すぎるかな?と思ったのですが、妹たちにはちょうど良かったようでした。自分たちで食べた後にさっさと切り分けて自宅用に持って帰ってしまったので、結局私は食べずじまい。あ〜あ。


わざわざ「朝の」と題名に書いたのは私が甘いものを食べるのは大体朝だからです。自宅では甘さ控えめに、自分の好きなように作ります。チョコよりもくるみやポピーシードを入れるのが好きです。クランベリーやカランツなどの酸味があるドライフルーツを入れてもおいしいです。


お菓子を作り始めたころ、バナナブレッドとバナナケーキ、何が違うんだろうなと考えて色々なレシピを試した事がありました。違いは単純、生地のリッチさです。ブレッドは粉と水分が多めで油分は少ない。ケーキのほうは全ての材料が同じような割合のパウンド生地のような感じです。
ブレッドの方はどうしても生地がぱさつきがちになりますが、そこにバナナやアップルソースを加える事でマイナス分をカバーできるんですね。ケーキほどの甘さは欲しくないけど、菓子パン的なほんのり甘いものを食べたい朝にはぴったりです。
アメリカで朝ごはんに甘〜いクイックブレッドを食べた事がある方もいらっしゃると思いますが、日曜日などに家庭で作るクイックブレッドはあんまり甘くないのです。ミックス粉を使って作る事が殆どですが、不思議に家庭の味という感じがします。





↑押していただけると励みになります。


(22×10cmのローフ型)

  • バター:80g
  • 砂糖:30g
  • 黒糖:40g
  • 卵:2個
  • 塩:ひとつまみ
  • 強力粉:200g
  • ベーキングパウダー:小さじ1
  • ベーキングソーダ:小さじ1/2
  • バナナ:2本
  • 酢:大さじ1
  • くるみ:1/2カップ
  • ブルーポピーシード:大さじ1
  1. 型にクッキングシートを敷き込み、オーブンを180度に予熱しておく。
  2. バターと卵は室温に戻しておく。強力粉とベーキングパウダー、ベーキングソーダは合わせてふるっておく。バナナはフォークなどで粗く潰して酢と合わせておく。
  3. バターと砂糖・黒砂糖・塩を合わせてボウルに入れて泡立て器ですり混ぜる。ふわっとしたら卵を1個ずつ加えて分離しないようにその都度よく混ぜる。心配な人は黄身と白身に分けて加えると良いです。
  4. 粉類の1/3→バナナ1/2→粉類の1/3→バナナ1/2→粉類1/3の順でバターに加え、ゴムベラなどでむらが無くなるまで大きく混ぜる。
  5. 最後にくるみとポピーシードを加えてざっと混ぜる。
  6. 準備しておいた型に生地を流し込み、中央を大きくへこます。
  7. オーブンに入れて50〜60分焼く。最初の7分が経ったら竹串ですっと切り目を入れる。こうする事で焼き上がった時にきれいに割れます。
  8. 中心に竹串を刺してみて生地が付いてこなかったら焼き上がり。生地が落ち着いて味が馴染んだ翌日からがおいしいです。


*強力粉を使うとアメリカの食感に近くなります。生地を練らないように注意です。ふんわりがお好きな方は薄力粉でも大丈夫です。

じゅのの最近読んだ本