読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

ハンバーガーバンズ

ここ最近、朝起きた時に乾燥してるなあと感じる事が多いです。特に喉が弱いわけではないのですが、やはり風邪は怖いのでベッドのヘッドボードのところに濡れタオルをかけて寝ています。朝にさわってみると結構乾いているので、それだけ空気が乾燥してるんでしょうね。
急に寒くなってきたので、暖房器具を出すのと一緒に加湿器も出そうと思っています。週末に新しいエアフィルターも買ってきたので、準備万全です。


先日、暖房器具などの片付けついでに仕事の材料などもすべて見直しました。春に引っ越した時のままの段ボールなどもあったので、今更ながらの大仕事です。定期的に見直して、片付けて、家財の在庫を把握できるようになるのが目標です。引っ越しを伴う転勤がある我が家では面倒だな〜と思う事もありますが、こうして定期的に家の片づけをさせられる(?)のは利点なのかも知れません。
封を開けたまま夏を越してしまった食材などは処分し、大分すっきりしました。業務用の小麦粉の大袋もあとひとつです。出来るだけパンは手作りにして、来年の夏までには消費したいなと思っています。


そんな訳で先日ハンバーグを作った時に、翌日のランチ用にハンバーガーバンズを焼いてみました。ホットドッグバンズ同様、いざ探すとなかなか売ってないのがバーガーバンズです。私は粗熱が取れたらその日に食べる分は除いてすぐに冷凍してしまうので、毎回12個とかある程度の量を作る事にしています。作る手間は同じなので、そうした方が気が楽ですしね。
ちなみにごまやポピーシードは表面にまぶしません。食べる時にポロポロこぼれて勿体ないので・・・風味を楽しみたい場合は生地に練り込んでしまいます。




↑押していただけると励みになります。



(12個分)

  • 強力粉:500g
  • ドライイースト:小さじ2
  • 砂糖:20g
  • 塩:8g
  • バター:30g
  • 牛乳:200cc
  • 水:140cc
  • つや出し用溶き卵:1個分
  1. ボウルに強力粉〜塩までの材料を合わせる。牛乳と水を合わせてレンジにかけ、人肌程度に温める(夏場は温め不要です)。
  2. 粉のボウルに温めた牛乳水を加え、へらなどで粉気が無くなるまでざっと混ぜる。へらを手に代え、ボウルの側面に生地をこすりつけるようにしてこねる。まだべたついているような段階でバターを加え、更にこねる。
  3. バターを加えると生地が分離したような感じになるが、こね台などに取り出して全体的につるんとなめらかになるまで頑張ってこねる。
  4. ひとまとめにしてボウルに入れ、乾燥しないようにラップをかけて温かい場所で1時間ほど発酵させる。2倍に膨らんだら一次発酵終了(時間ではなく、膨らみ方で発酵を見極めて下さい)。
  5. 生地を12個に分割し、お饅頭型にまとめて10分ほど生地を休ませる(ベンチタイム)。
  6. クッキングシートを敷いた天板に生地をのせ、水でぬらした手のひらでそっと押さえて平らにする(そのままだと丸パンになります)。
  7. 乾燥しないように霧を吹いてオーブンなどに入れ(電源は入れないで)、30分ほど寝かせる。またひとまわり大きくなって生地が緩んだ感じになったら二次発酵終了。
  8. 生地の表面に溶き卵を塗り、200度のオーブンで15分ほど焼いたら完成。


*残った溶き卵はハンバーグのたねに使ってしまいましょう。

じゅのの最近読んだ本