読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

台湾風肉みそ

エスニックごはん


先週末の天気予報は見事にはずれ、今日も暑い一日です。
9月の中旬を過ぎても32度とは!嘘付きめ〜!と言ってやりたくなりますが、この時期は台風の進路で大きく予報も変わってしまうのでしょうから仕方ないのかも。
気象予報士さんも大変なお仕事です。


今仙台ではオクトーバーフェスタの真っ最中。
ドイツビールとソーセージが楽しめるイベントですが、今年はアルコールNGのためにおいしいソーセージを食べたいなと思っていたのです。
が、今日の暑さでやる気もゼロ。
まだ明日もやってるんだし、どうせ行くなら涼しくなってからでいいよねと予定変更です。
思いがけない真夏並みの猛暑にシーツなどの大物を洗濯し、午後は読書&昼寝という何もしない連休中日となりました。


昼間大した運動をしなかった時はあまりお腹もすきません。
フリーザーにひき肉のパックがあった事を思い出し、台湾肉みそを作る事にしました。
私にとって台湾の町の香りは五香粉。
日本の空港に降りると醤油の香りがする・・・という話を聞いた事がありますが、台湾はそこここで五香粉の香りがします。
コンビニに入れば日本のおでんのようにカウンターに五香粉風味の煮卵が売っているし、通りには屋台がひしめき合っています。
嫌いな人にはたまらないにおいでしょうが、私は好きな方です。
日本でも肉みそを常備していると便利、とよく言われますが、たまにはこんな肉みそもいいんじゃないかと思います。
そのまま冷やしうどんやごはんにかけたりオムレツの中身にしてもいいし、微妙に残ったら野菜や豆腐と一緒に炒めると台湾風の一品が出来上がります。




↑押していただけると励みになります。


(4人分くらい)


  • 豚ひき肉:300g
  • ザーサイ:100g
  • にんにく:2かけ
  • ごま油:大さじ1
  • テンメンジャン:大さじ3
  • みりん:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • 醤油:大さじ1
  • 五香粉:少々
  • 細ねぎ:1束分
  1. ザ―サイとにんにくはみじん切りにする。細ねぎは小口切りにする。
  2. 中華鍋にごま油を熱し、ひき肉を弱火でじっくり炒める。水分が飛ぶまでゆっくり炒めると豚臭さが無くなります。自身の脂で炒めるようなイメージで。
  3. 肉の水分が飛んだらニンニクとザ―サイを加え、さらににんにくの香りが立つまで炒める。
  4. 調味料を順に加え、その都度炒めるようにする。特にテンメンジャンは炒めると香ばしくなるのでゆっくり火を通す。
  5. 調味料を全て加えて全体がなじんだら、最後に細ねぎを加えてざっと混ぜ、余熱で火を通す。
じゅのの最近読んだ本