読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

ブロッコリーと緑のあいつ

題名の通り、今日はちょっとグロいお話です。
そういう方面の話はちょっとな〜という方は読み飛ばして下さいね。



今日、買い物に行ったら宮城県産のブロッコリーが格安で売られていました。
このお店は農薬を減らして作った規格外の地元野菜が安値で売られている事が多いので、特にメニューを決めずに出かけて行って野菜を見て献立を決める事も多いのです。
ブロッコリーは少ししなびていましたが、水に放しておけばぱりっとするような状態です。段ボールの中からひとつ選んで家に帰り、茎の皮をむいて花の部分は小分けにして・・・と作業をしていました。


花の中を何気なく見てみると小さな虫がついていました。
ここの部分だけ取ればいいか、と作業を続けると・・・ふにゃっとした感触。
包丁を持った自分の指には赤ちゃんの指くらいの青虫が!


「うわぁぁぁぁ!」と思わず叫ぶ私。ここ最近は毎日窓を全開にしているので、たぶんご近所さんには聞こえた事でしょう。よく見てみればまな板の上には沢山の青虫。お前たちはどこに隠れていたんだ!というくらいです。引き出しの中にゼリーについていたプラスチックのスプーンがあったので、それで全てをビニール袋の中に入れて何とか事なきを得ました。


昔、友達で絶対に花野菜は食べないという子がいました。
彼女の家は農家で、花野菜にいかに虫が付きやすいか知っているのです。虫がつかないようにするには大量の農薬を使う。虫も農薬もどっちも嫌だから花野菜は食べない、という理屈でした。今日の出来事にはかなりびっくりさせられましたが、虫を始末しながら彼女の顔が思い浮かびました。


夕食の時に夫にその事を話しながらブロッコリーを出すと「虫がついてるなら安心だね」と言いながらポリポリと食べていました。うーん、物は考えようですね。アメリカでは花野菜を生で食べますが、緑のあいつの事を考えると生はちょっと・・・と思ってしまいます。

じゅのの最近読んだ本