読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

地味〜な趣味

今日の日記はレシピ以外の事ってカテゴリーですが、実際は一番レシピの事かも知れません。いや、思いっきりレシピの事です。
夜、私が計算機を持ってあれこれチラシの裏などに書きこんでいるのを見ると「またやってんの?」と夫は言います。何をやってるのかと言うと、レシピの比較です。仕事は別として、自宅用に何かを作ろうと思う時はレシピを比較検討。仮に地雷だったとしても自宅用なら文句を言わずに食べるのは自分ですしね。同じものでも全く材料の割合が違い、結構面白いのです。かなり暗い趣味ですけどね。


昨日も朝食用のパンが切れたので何かを作ろうと夕食後に思い立ちました。冷蔵庫ににんじんがあったのでキャロットブレッドを作る事に。ちょうどちづるさんのブログでおいしそうなキャロットケーキを見て食べたくなってたんです(北米のキャロットケーキはしっとり重くてスパイスたっぷり、自分で作らないと日本じゃ食べられないので)。
で、手近にあった日本のレシピで作ってみたんですが、フツーに美味しいけれどアメリカのものとは全くの別物。そこで始まったのが例のレシピ比較。同じ容量の型用に材料を全て計算し直し、比較するんです。とりあえずうちにあった日米合わせて5冊の本のキャロットケーキレシピを計算してみました。
で、原因判明。


砂糖の量が違う!(他材料はまあ、同じようなもの)
日本のレシピは砂糖80〜100gなんですけど、アメリカのものは200g以上。砂糖は保湿性があるのでそりゃ〜しっとりおいしくなりますよ。アメリカのレシピであっても手作り物は「売ってるものに比べて甘さ控えめでおいしい」とか言われます。
が、何というか悩みますよね。売ってるお菓子しか知らない人はこんなもんかと食べてますが、実際作ってみると怖くなります。どっちが良いのか、ジレンマですが・・・とりあえず今朝は昨日の晩制作の日本製の優しい味のキャロットケーキを食べております。

近いうちに両方バージョンをこちらに載せてみたいと思ってます。
お楽しみに(?)



↑押していただけると励みになります。

じゅのの最近読んだ本