読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

桃のクランブルコーヒーケーキ

ケーキ


今週で今年の仕事もおしまい。
12月もあっという間に過ぎ去っていくようです。忙しさにかまけて年賀状なども全然用意しておらず、今週中に何とかしないとと焦っています。そんな中、今日はクリスマス用の丸鶏を買ってきました。クリスマス当日は平日なので改まったごちそうを作る予定はありませんが、週末にオーブンでローストする予定です。毎年毎年アプリコットジャムを使った同じレシピでローストチキンを焼いていますが、今年は少し違ったレシピで・・・と考えています。


忙しい時にこそ、コーヒーブレイク!
というわけで、今日はコーヒーケーキについてです。コーヒーと一緒に楽しむためのケーキがコーヒーケーキです。大抵はシナモン風味で、パウンドケーキほどリッチではないお茶菓子用のケーキ。今回は土台となるケーキ生地と上にのせるクランブルを別に作るレシピですが、もっと簡単なものもあります。クランブルを作って上にのせる分を取り分けておき、残ったクランブルに牛乳などを混ぜてケーキ生地にしてしまいます。気軽に作れるというのがアメリカのお菓子の一番のポイントかもしれません。こういうのもそのうち紹介したいなと思っています。


今回のレシピは油脂が控えてあるので、ぱさ付きがちなところを果物でカバーしています。小さめに切ったりんごや冷凍ブルーベリーなんかでもおいしくできます。今回は少人数食べきりサイズなので、倍量で作れば直径20cm程度の型にちょうど良くなります。



↑おいしそうだったらクリックしてくださいね。

  • 薄力粉:120g
  • 重層:小さじ1/2
  • 塩:小さじ1/4
  • 砂糖:大さじ2
  • シナモン:小さじ1/4
  • くるみ:大さじ4(砕いて)
  • 黒砂糖:大さじ4
  • バター:大さじ1
  • 菜種油:大さじ1
  • 卵:1個
  • バニラ:小さじ1/2
  • プレーンヨーグルト:120cc
  • 桃缶の桃:2つ(半割状態のもの)
  1. 桃はペーパータオルなどでしっかり水気を拭き取り、1cm角程度に切っておく。
  2. 薄力粉・重層・塩は合わせてふるっておく。
  3. 砂糖・シナモン・くるみも別容器に合わせておく。
  4. 大きなボウルに室温に戻したバター・菜種油・黒砂糖を入れてふわっとするように泡立て器でホイップする。卵を加えてだまにならないようにさらにホイップし、ヨーグルトも加えてよく混ぜる。
  5. バターのボウルにふるった粉類を2回に分けて加え、ゴムベラなどで粉気がなくなるまで大きく混ぜる。
  6. 直径12cmの型にベーキングペーパーを敷き、生地の半量を入れてへらで敷き詰める。その上に半量のくるみを散らし刻んだ桃をのせる。生地になじむよう、少しへらなどで押さえる。
  7. 残りの生地をその上にのせてまた押さえ、上に残りのくるみを散らす。くるみが浮かないよう、最後に手でそっと押さえる。
  8. 180度のオーブンで180度のオーブンで30分ほど焼く。竹串を刺してみて生地がついてこなかったら焼き上がり。
じゅのの最近読んだ本