読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Baking Diary

私の作るもの、思うこと

bakingdiary.hatenablog.com

キャロットマフィン

f:id:bakingdiary:20160724064229j:plain

新しいオーブンが昨日届きました。

購入のためにいろいろ調べてみましたが、オーブンレンジは毎年夏に新商品が出るのだそうです。8月上旬に出すメーカーが多いので、実物を見るために店舗に足を運んでも在庫自体が品薄でした。残念な気持ちもありましたが、反対に考えてみれば型落ちの商品を安く買えるチャンスでもあります。

タフでシンプルな機能だけのオーブンがあればいいのですが、そういう商品はないわけで・・・。

オーブン機能が一番充実しているということで、こちらのオーブンに決めました。

www.toshiba.co.jp

で、空焼きしてからさっそく試し焼き。

家にあったにんじんでキャロットマフィンを焼きました。レシピはこちらのものをマフィン型で焼いただけです。

 

bakingdiary.hatenablog.com

 ちなみにマフィン型で焼くと大体6個分。焼成は180度で20分ほどです。

 

新オーブンは予熱が早くてびっくり。さらに音が静かでびっくり。まあ、先代が10年選手ですから進化していて当たり前なのかもしれませんが。予熱完了まで180度設定で5分程度です。焼きむらも無しでまずまずの出来。オーブン不在でしばらくパンを焼いていなかったので、明日のためにただいまベーグルの生地を仕込んでます。こちらはどんな風に焼き上がるのかちょっと楽しみです。

 

私の住む町はずっと肌寒いような気温が続いていますが、この時とばかりパンを焼くつもりです。

新オーブンも長く使えますように。

 


にほんブログ村

コーヒーケーキベーグル・りんご酵母

f:id:bakingdiary:20160704124140j:plain

コーヒーケーキ、アメリカでポピュラーなお菓子です。

コーヒーは入っておらず、たいていはシナモン風味のクランブルが上にどっさり乗っているケーキ。中にベリーなどを挟み込むこともあります。生地はアメリカ独特のバターが控えめでミルクなどの水分が多いもの。ベーキングパウダーや重曹で膨らませるしっとりとした食感です。コーヒーに合う、コーヒーブレイクのためのお菓子です。

 シナモンとコーヒーは好きな組み合わせなのでマーブル状に生地を作り、成型時にアーモンドパウダーのクランブルとドライクランベリーを巻き込んでいます。あんまり手の込んだことをするとそれはもはやベーグルではないような気もしますが、自家用ならではのお楽しみです。

 

さて、先日ショックなことが起こりました。

このブログは一応「焼き菓子~」とうたってるわけですが、なんとオーブンの取っ手が破損し、現在使えない状態となっております・・・。初めは娘たちがオーブンの取っ手にぶら下がったか!?と思ったのですが、どうやら経年劣化のようです。10年選手ですし、メインで使っていたガスオーブンが使えない今の家に越してきてからはかなりのハードさで使っていたので仕方ないのかもしれませんが。ガスと電気の両方を使ってみると、やはり家庭用オーブンレンジの脆弱さを感じます。

 

そんなわけでただいまパンとオーブンの焼き菓子は休業中です。

次に引っ越したらガスオーブン復活の予定なので、そこまでスペックの高くないオーブンレンジでもいいかな、とか、ネットで調べつついろいろ迷うところです。いざ使えなくなってみると、普段どれだけオーブンに働いていてもらっていたのか実感します。

早く買わなきゃ~。

 


にほんブログ村

ぺったんこチョコぱん・りんご酵母

f:id:bakingdiary:20160702163319j:plain

ちょっと前に焼いたチョコぱん。

生地はこちらと同じ。と言うか、ちょっと生地を多めに作って一次発酵後に取り分け、チョコぱんに変身させました。 

bakingdiary.hatenablog.com

 パンを作る上で一番大事なのは生地をいじりすぎないこと。慣れてくれば成型をする時の力の入れ加減なども分かるのですが、どうしても生地を傷めてしまうことも多いのです。このパンは1次発酵後にチョコチップを折り込み、緩んだ生地を優しく広げてスケッパーで大体同じくらいの大きさになるよう切り分けただけです。フォカッチャなどと同じやり方です。

丸パンのように重量を量るわけではないので厳密に同じ大きさではないのですが、逆に自分のお腹の空き具合に合わせて選べる良さがあります。それに平べったいパンは実は子どもにとってすごく食べやすい形なのです。お店で売ってる「かにぱん」とか、あんな感じを想像してもらえればいいかと思います。

ちなみに「ぺったんこチョコぱん」は長女の命名です。まんまですけど。

 

連休ですが昨日から雨が降ったりやんだり。

今日は子どもたちを連れて美術館へ行ってきました。ここは長女の幼稚園の園長先生の美術館。園長先生の本業は画家なのですが、幼稚園というイメージからは程遠いシュールな絵と人形がメインです。

akiunomori.on.omisenomikata.jp

こちらのFacebookにある子牛を描くというイベントに参加です。娘たちは肝心の美術館の方は展示してあるものが全て怖かったらしく、特に次女は入っただけで号泣・・・あとで夫と交代で駆け足で展示作品を見るのが精いっぱいでした、トホホ。絵を描き終えてからはずーっと子ヤギに餌をあげるのを楽しんでいた姉妹でした。

今見てみたら我々親子もしっかり写真に写ってました。そして長女の絵も。幼稚園の先生とはまた違う、芸術を生業としている人たちと日々触れ合える娘が羨ましく思えました。

 

帰り道、イベントに来ていた農家の方からバジルを大量購入。スーパーではありえない値段と量。夜はジャスミンライスを炊いて、タイ風のバジル炒めを作りました。こんな風な使い方は本当にぜいたく。ちょっと嬉しい一日でした。


にほんブログ村

包子・シンプルあん

f:id:bakingdiary:20160709173443j:plain

これから1週間ほどは雨の予想。

涼しいのはいいのですが、雨なのはちょっと憂鬱です。梅雨はいつ明けるのか、そんなことを考えているうちに夏休みに入ってしまいそうです。

 

何も予定のない土曜日、夕ご飯はどうしようかなと悩む時は餃子や肉まんになる我が家。中国には「主副食」という言葉があって、それだけで食事になる食べ物のことなんだそうです。なので我が家では餃子の時は潔く餃子のみ!夫や娘たちも肉まんや餃子が大好きなので、作る時は4人家族とは思えないほど大量です。

以前も肉まんのことを書いたのですが、今はもっとシンプルに作っています。

 

bakingdiary.hatenablog.com

 今読み返してみると我が事ながら本当にのんびりしていたなあと思います。

この頃作っていた濃厚な味付けのあんを包んだ肉まんも良いですが、今は肉とざく切りのねぎだけの本当にシンプルなものを作ることが多いです。肉まんと野菜まん、そしてあんまんで食事はおしまい。娘たちはあんまり複雑な味付けが好きではないので、作るものもどんどんシンプルになっています。それで本当は良いのかもしれませんが。

生地も最初はりんご酵母で作ってみようかと思ったのですが、生肉を包んだ生地を何時間も常温に置いて発酵させるのは怖かったので却下。今回はイースト使用の生地ですが、あんまんなら天然酵母でもいけるかなと思ってるところです。

 

今日は午後から雨が降りました。プールはなしだろうと思ってた私が甘かった!長女は幼稚園で、次女は同じ園の未就園児クラスでそれぞれプールに入りました。園からのおやつは畑で採れたなすときゅうりの塩もみ。おいしいおいしいと食べる娘たちでした。

来週水曜日で幼稚園もおしまい。夏のおやつは我が家でも浅漬けが大活躍しそうです。

レシピは続きで。


にほんブログ村

続きを読む

くるみとズッキーニマフィン

f:id:bakingdiary:20160710154057j:plain

この季節がやってきました、そうズッキーニ!

今は冬場でもスーパーに並んでたりしますが、200円近くして何とも素敵なお値段。やっぱり季節になると安いし気軽に使えます。ズッキーニそのものはたいして美味しいものではないですが、夏野菜と組み合わせると縁の下の力持ちっぽい美味しさになります。先日作った塩麹のマリネも夫と奪い合うようにしてズッキーニを食べてました。

 

bakingdiary.hatenablog.com

 が、子どもはどうも食感がスカスカするのかそこまで好きではない模様。まあ、小さいので当たり前ですが。こんな食べ方もあるんだよって知って欲しくて、子どもたちの好きなマフィンを久しぶりに焼きました。

沢山ズッキーニが入りますが、出来上がりは不思議と感じなくなります。オイルベースの生地なので冷蔵庫に入れてもパサパサにならず美味しく食べられるのもいいところだと思います。ちなみに昔、夏場に一日常温放置しておいたら糸を引いていたという苦い思い出もあります・・・。野菜の入るお菓子はしっとりしている分注意ですね。

 

朝、子どもたちはひとつずつマフィンを食べたのですが、次女が「このマフィン、かたっ!」と言ってました。固いわけないでしょ~、と見てみるとくるみでした。「くるみというナッツが入ってるんだよ、おいしいよ」と説明すると「おいしいね、この豆」と言って黙々と食べてました。次女は小さくて丸っこいものは何でも豆に分類しているようです。

 

レシピは続きで。

 


にほんブログ村

続きを読む

白パンベーグルチョコ入り・りんご酵母

f:id:bakingdiary:20160622124639j:plain

ハイジの白パン、ベーグルバージョンです。

もはや意味が分かりませんが、いつもよりも水分多め・焼成時間短め・ケトリング時間短め、で作ったベーグルです。チョコも入れて菓子パン寄りのベーグル。子どもたちもやっぱり好きでした。市販のお菓子を食べるならうちでチョコを入れたお菓子やパンを作った方がいいと思うので、使う時はたっぷりと。

 

ちなみに先日の七夕、長女の幼稚園でも願い事を書いたそうです。

で、家に持ち帰ってきたわけですが、こんなんでした。

f:id:bakingdiary:20160709100304j:plain

台紙がすでにチョコ色、そして、たぶん、こんな事を星に願っているのはうちの娘だけです。平成の世の幼児とは思えない願いです。昨日はシュークリームの家に住みたいとか言ってるし、離乳食のころからのブレない食へのこだわりです・・・。

 

来週は幼稚園のいもゆで会です。

畑の芋を掘ってゆでて味噌をつけて食べる会。50年前から変わらずの行事だそうです。長女はとても楽しみにしています。

よく食べ、よく遊んで大きくなってくれ、と思ってます。

 


にほんブログ村

ミルク山食・りんご酵母

f:id:bakingdiary:20160620061358j:plain

久しぶりの山食。

七夕の天の川は今年も見えませんでした。

肌寒い雨降りの日はパンもしっとり柔らかいものが食べたくなります。なんて書いてはみたものの、実は娘のお弁当のサンドイッチに使うパンがなくて慌てて焼いたものです。子どもを連れてスーパーでパンを買うなら自宅で作ったほうが面倒じゃないと思う今日この頃・・・イヤイヤ期と反抗期がダブルで来襲してますから・・・。

 

実際にパンを作ってみるとわかりますが、水と牛乳では同量を使っても生地の状態が全く変わります。牛乳の脂肪分と水分が作用するのか、単純に水を使うよりも沢山の水分を加えることができます。せっかくなので今回の山食は100%牛乳を使って生地をこねあげました。正直、こねるのは大変ですが、焼き上がりはふんわり・しっとり。酵母パンなのでもっちり感もプラスされました。

私の場合はパンを作ってしまうと結構満足してしまうので、お弁当サンドイッチ自体は手抜き感満載です。

 

先日、塩麹のマリネをまた作りました。

bakingdiary.hatenablog.com

 揚げるのがちょっと手間ですが、素揚げするだけなので簡単です。夏野菜は本当にきれいで、緑の葉物ばかりでぼんやりとしていた春とはまた違った良さがあります。

f:id:bakingdiary:20160617133250j:plain

残った山食をトーストしてマリネと一緒に次女との昼ごはんにしました。来年は次女も年少さん。私一人の昼ごはんは何年ぶりでしょうか?嬉しくなるのか寂しくなるのか、まだ分かりません。


にほんブログ村

じゅのの最近読んだ本